名古屋大学大学院環境学研究科持続的共発展センター プレゼンツ
「改正地域公共交通活性化再生法等」施行記念セミナー
「乗合バスに関する独占禁止法適用除外の活用策を考える」


※セミナーは2020年11月27日午後にオンラインにて開催し、無事終了いたしました。
 500名弱のお申込、ライブ配信中にのべ視聴者数800名弱、同時視聴者数が最大で400名弱という多くの皆様に
ご視聴いただき、本当にありがとうございました。


【当日の録画を視聴できます。URLは下記の通りです】
 Youtube(視聴用)
「乗合バスに関する独占禁止法適用除外の活用策を考える」


【当日プレゼン資料(pdf、最終確定版です)】
 名古屋大学 加藤
 国土交通省 原田様
 福島大学 吉田先生
 前橋市役所 細谷様
 十勝バス 野村様

※開催中・前後に受け付けた質問については、後日、主なものについてこのHPにて返答する予定です(すべてではありません)

【参考】国土交通省HP「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律について」
 法律の条文や解説、計画策定のための手引きなどが読めます



名古屋大学大学院環境学研究科持続的共発展センター プレゼンツ
「改正地域公共交通活性化再生法等」施行記念セミナー
「乗合バスに関する独占禁止法適用除外の活用策を考える」


  改正地域公共交通活性化再生法等2020年11月27日に施行します。
  その目玉の1つが「乗合バス事業が独占禁止法の対象外となる」ことです。
  しかし、これを具体的にどう活用できるかについては、ほとんど理解がされていないのではないでしょうか?
  コロナ禍でますます危機が深まる地域公共交通を救うために何ができるか。
  そのとき、乗合バスの独占禁止法適用除外はどう使えるのか。
  関係する各界のキーパーソンの対話を通じて、みなさまとともに理解を深め、現場での活用につなげていくためのセミナーです!

出演
 福島大学経済経営学類准教授     吉田  樹(よしだ・いつき)さん
 国土交通省総合政策局地域交通課長  原田 修吾(はらだ・しゅうご)さん
 前橋市政策部交通政策課長      細谷 精一(ほそや・せいいち)さん
 十勝バス株式会社代表取締役社長   野村 文吾(のむら・ぶんご)さん
  司会:加藤 博和(かとう・ひろかず)
<地域公共交通プロデューサー、
        名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター教授>

内容(敬称略)
・はじめに:加藤博和
・独占禁止法特例法の概要説明:原田修吾
・地域の取組と課題に関する話題提供:吉田樹、細谷精一
・対話(質疑も含めて):野村文吾、吉田樹、原田修吾、細谷精一、加藤博和

日時:2020年11月27日(金) 13:10~15:40 (改正法の施行日です)

開催方法:オンライン(YouTube)

参加費:無料 どなたでもご参加いただけます

参加申込方法:申込サイトはこちら
(視聴者の把握や諸連絡に活用させていただいております)


主催:名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター
後援:公益社団法人日本バス協会公共交通マーケティング研究会

チラシ

(チラシのpdfファイルはこちら)

※お問い合わせ先:seminar@urban.env.nagoya-u.ac.jp
戻る


Last Updated: 2020/12/01